ホーム>コンセプト

コンセプト

店内写真

5109599.jpg 5110562.jpg 6155544.jpg 6155615.jpg

 

イメージを固定しない自由な発想で行う店づくり

こだわり抜いた料理&ドリンクが〔税込¥500〕
                    ※1部¥300〔ソフトドリンク、ちょっとおつまみなど〕

本場の味を研究するためにタイやベトナムの現地に赴き、研究に研究を重ね本場の味を理解した上で、「本場よりも美味しく作る」をモットーに、食材にこだわりを持ち、肉類や野菜は地元産、香辛料や香草などは現地のものを使用したりと、店主の修行元であるイタリアンの考えに基づき、その時一番美味しい旬の素材や技法を取り入れ、季節感のある料理をリーズナブルに提供しています。

例えばレタス、葱、お米ほか季節の野菜は契約農家からの直送品。
毎日のように届く新鮮きわまりない瑞々しい野菜は料理人の創作意欲をくすぐります。 

地元の銘柄豚「ローズポーク」を使ったメニューも豊富です。
特定の餌を与え、県内でも指定の畜産農家で育てられた豚は脂の甘み、肉質の上質さでは類を見ません。
そんな豚の、その日捌いた肉だけを贅沢に使い丁寧に仕込みを行っています。
その他、茨城を代表する「常陸牛」「匠美鶏」を使い地元食材の良さをお届けします。

そんなこだわりの料理をよりおいしくするのが日本酒。
日本酒のもつお米由来の旨味が料理を一層引き立てます。
エスニックに日本酒!?意外にも思われますがタイもベトナムも米食文化。
ならば日本酒が合わないはずがないですよね。

「二日酔いが怖い」「オヤジくさい」日本酒は過去のもの。
グローバル化が成し得た奇跡、日本酒とエスニックのマリアージュは当店でしか味わえません。

他にも梅酒や本格焼酎をはじめ、ワインやカクテル、ベトナムコーヒーなど家庭で味わう事がない、「外食の楽しみ」を様々なお客様がそれぞれしっかり楽しめるお店でありたいという想いを込め、居酒屋でも食堂でもレストランでもない「オリエンタルダイニング」として営業しております。

ここでしか食べられない料理を提供したい

タイで食べるタイ料理でもない、ベトナムで食べるベトナム料理でもない、「ここでしか味わえない料理」というジャンルを超えた料理を意識しております。食材の産地・鮮度にこだわっています。また、エスニックという認知度の低い食文化をより多くの方に親しんで頂くためぎりぎりまで価格を抑え、いろいろな料理を楽しんで頂けるよう小皿料理というスタイルをとっています。

そんな料理のお供には選び抜いた日本酒や梅酒、近年ブームにもなった焼酎などのアルコール類はもちろん、ベトナム式のドリップコーヒー、中国茶、トロピカルなフルーツジュースなども幅広くご用意。お酒を飲める方も飲まない方も気軽に立ち寄れる大人の社交場、イタリアのバールやフランスのカフェのようにゆっくりとお楽しみください。

ページ上部へ