ホーム>スタッフブログ>店長ブログ

店長ブログ

冩樂!やったね!

冩樂!やったね!
冩樂!やったね!
冩樂!やったね!
冩樂!やったね!

どーもー。
先日行われたSake Competition2014にて、Lotusでもトップクラスの人気を誇る「冩樂」が純米酒、純米吟醸酒部門で名だたる銘酒を抑え二冠に輝きました!パチパチ

特徴のある甘味が現代の食にぴったりな会津の銘酒を醸す宮泉銘醸さんから今後も目が離せませぬ。

まず、おわびまでに。

言い訳なんです。
聞き苦しくて申し訳ないんです。

蓮徒祭、いわゆる四周年記念祭の後、個人的なことなのですが人生の一大イベント「結婚」を致しまして。たくさんのお祝いやら勿体無いお言葉を頂戴してあれやこれやといううちに年に一度の大イベント「池田酒店地酒の会」の準備に入り、バタバタしてるうちに愛するケータイ、ドアに挟んで即死。なんてコントみたいな日々を送るうちに街路樹も染まり、晩秋の気配すら漂っています。

今後はちらほら更新します。告知もあれこれあるのでまずはご挨拶までに。

ぎゃふん。

4周年!

4周年!
4周年!

忙しさにかまけて更新をさぼりながらも、無事に4周年を迎えることができましたことを報告させて頂きます。

つきましては創業日の8月8日から3日間毎年恒例の、お世話になっている業者様や開店当初からご支援頂いてる方々、スタッフと家族による(いわゆる「お客様」抜きでの)大宴会のためお休みをいただき、昨日より5年目の通常営業をスタート致しました。

創業当初は5年3店舗を目標にしていましたが現在もなお1店舗。想像以上のスタッフ不足に悩まされた4年でした。5年目となるこの8月からは心機一転、スタッフを育て多店舗展開という考えを一度捨てて、Lotusにもっと「個性」を持たせてみようかなと考えております。個性を持つとは簡単なようでとても難しくて、例えばファミレスやチェーン居酒屋のようなどこにいってもある程度無難なサービスが受けられるという安心感→マニュアル化されているものってのは「没」個性の典型的なカタチですよね。個性を持つってのはこれと全く逆に、ある意味当たり前になっている「外食のカタチ」 を根本から見直して自分たちのカタチに再構築するとゆーこと。
ベクトルとして自分たちの軸さえぶれなければ途中の計算式はいろんな方法があるってわけで、挑戦をしていくことにしました。

まだ大きな変化は予定しておりませんが、茨城とエスニックと日本のお酒でお客様に安心安全を届けるため、精進いたしますのでこれからも応援宜しくお願い致します。

研修!さいこー!!

研修!さいこー!!
研修!さいこー!!
研修!さいこー!!
研修!さいこー!!
研修!さいこー!!
研修!さいこー!!

まいどですー!

いー感じに研修、行きまくってます。
先日も展示会からの渋谷、新宿ツアー。
ずっと行ってみたかったのにタイミングが合わず初訪問のTOKYO family restaurant&新宿スタンド酉元(もと)。写真は一軒目のみ。あしからず。

TOKYO family restaurantさんは読んで字のごとく、世界中の料理とビールが推しのまさに大人のファミレス。ギリシャ、トルコ、スペイン、ペルー、ブラジルあたりの料理を食べながらスコットランドやウェールズのクラフトビール。 しかも聞いたこともないようなものばかり。自分で言うのもなんですが私けっこーいろんな国や地方の料理や調理法を知ってる方だと思いますが、あえてそっちを選ぶ!??みたいなlocalな料理が多くて(和食でいったら薩摩揚げとひじきの煮物とか一般に観光客が現地で選ばないようなもの)びっくり(゚Д゚;)(゚Д゚;)

しかも全部旨い。
近所にあったら勉強がてら毎日行きます

ってなおもしろいお店。内装もstaffもお洒落だしね。秘密の会議に使いたい感じでした。
実際に隣のテーブルは何やら資料を開いて会議をしてて、終わった途端にみんなでビール。
Lotusもこーゆう使われ方、狙ってるんだけどなかなかないね。田舎の苦悩。

二軒目、酉元さん。

ここは多くの雑誌やメディアにも取り上げられ、日本一と言っても過言ではない日本酒の聖地。前々から店長様とはTwitterやFacebookでお付き合いがありまして。それこそ何年か越しの念願が叶いましての初訪問となりゃした。

いやーさすがの一言だよね。
お酒のラインナップは勿論、店長様のお酒一本一本への理解と愛情、アテのサイズや味にお店の信念や方向性が見えるって素敵なこと。お店に研修に行くときはついつい商品にばかり目がいきがちなんだけど、ここは空気感含め「想い」ってとこが一番染みた。ぜひ皆様にも行ってみてもらいたいっす。


まー毎週あちこち出かけてるけど、今週は史上にない忙しさ。人間とゆーのは締め切りが近づいてはじめて動き出す生き物だと客観的に構えてる時間もないほどにあれこれ追われちまってますが、今月も張り切ってまいりまするので、どんぞ皆様、Lotusで会いましょう!

7/12~混雑状況

7/12~混雑状況

夏のお酒も続々入荷しては消えゆきー

好調な出足です。
そりゃそーと。

今週土日は混戦模様。
特に本日12日は予約にて満席です。
日曜日は残席わずか。
平日はゆったりできそうですが次の金、土は残席わずかとなっております。

ご予約はお早めに。

Lotusの図書館整備

Lotusの図書館整備
Lotusの図書館整備
Lotusの図書館整備

図書室整備ー

なんて言ったらたいそうなもの想像しちゃうかもですが何を隠そう私はかなり読書好き。お客様の中にもきっと好みの本が見つかったりとか行きたい国や食べたいもの見つけちゃったりとか素敵な出会いがあったらまた楽しいだろうなーとゆうわけでLotusにも旅とか料理とかお酒とかコーヒーとか諸先輩方の本だとかいっぱーい置いてます。

数が増えればそりゃ散らかるってのが世の常で。今日はジャンルごとにおおまかまとめる作業をしてみました。


本はいいもんですよ。

本を書く方ってのはおよそ何らかの専門家の方なわけで、そのジャンルの専門知識をしっかり歳月をかけて、なお現代にリンクさせながら分かりやすく、しっかりと想いを込めて作ってくれるものが¥1000~¥2000で買えちゃうってすごいことです。その方の人生の教訓やノウハウを2、3時間働けば買えちゃう計算です。
旅行に行った気分にもなれるし、実際行ってから同じ情報を手に入れようと思ったら最低でも10回くらい行かなきゃ。

そんな素敵な「本」ですが、なかなかどんな本を買ったらいいか分からないー!なんてこと、ありませんか?ってな時にはぜひLotus図書館を眺めに来て下さいな。

呑みながらゆるーく読書、なんて優雅なんでしょ。そんな日常があってもいーと思うLotus、今日もゆるーくやってます。

ではお店で会いましょ。

Lotusの図書館整備

Lotusの図書館整備
Lotusの図書館整備
Lotusの図書館整備

図書室整備ー

なんて言ったらたいそうなもの想像しちゃうかもですが何を隠そう私はかなり読書好き。お客様の中にもきっと好みの本が見つかったりとか行きたい国や食べたいもの見つけちゃったりとか素敵な出会いがあったらまた楽しいだろうなーとゆうわけでLotusにも旅とか料理とかお酒とかコーヒーとか諸先輩方の本だとかいっぱーい置いてます。

数が増えればそりゃ散らかるってのが世の常で。今日はジャンルごとにおおまかまとめる作業をしてみました。


本はいいもんですよ。

本を書く方ってのはおよそ何らかの専門家の方なわけで、そのジャンルの専門知識をしっかり歳月をかけて、なお現代にリンクさせながら分かりやすく、しっかりと想いを込めて作ってくれるものが¥1000~¥2000で買えちゃうってすごいことです。その方の人生の教訓やノウハウを2、3時間働けば買えちゃう計算です。
旅行に行った気分にもなれるし、実際行ってから同じ情報を手に入れようと思ったら最低でも10回くらい行かなきゃ。

そんな素敵な「本」ですが、なかなかどんな本を買ったらいいか分からないー!なんてこと、ありませんか?ってな時にはぜひLotus図書館を眺めに来て下さいな。

呑みながらゆるーく読書、なんて優雅なんでしょ。そんな日常があってもいーと思うLotus、今日もゆるーくやってます。

ではお店で会いましょ。

先週のロータス

先週のロータス

メニューも夏らしくなり、ここんとこは毎日それなりに慌ただしくなってまいりました。

一般に商売は二八(にっぱち)月が閑散期と云われるんだけど、Lotusの8月は忘年会シーズン以上の掻き入れドキ、それに向けて6月、7月と順を追って忙しくなります。

今年も例に漏れず6月の(金)(土)は残席わずかとなりました。Lotusでは飲み放題以外のお客様には時間制限などはしていません。常連様の中には満席と見るや次のお客様のために席を立ってくれる方も少なくないのですが、基本ゆったりのんびりなお店なのでどんなに入れても1日15組ほどになってしまいます。お断りするのは心苦しい次第ですが今飲食されている方を追い出すのもまた、心苦しいのです。

平日は比較的余裕がありますが、(金)(土)(日)にご来店の際は事前の予約もしくは空席確認のお電話を頂けるとわざわざご足労の必要もなくスムーズかなと思います(●´∀`●)


さて先週は波乱の幕開けから。

こんばんわー!といつもの調子でお席にご案内した矢先、テーブルに缶が。おや?と思い「缶、捨てときますよー」と声をおかけすると「入ってるんで」と一蹴されました。
(!??!!?どーゆうことだ!?)
「店内への持ち込みはご遠慮頂いてるので車に置いてきて頂くか鞄にしまって頂くか、じゃなければこちらで預かるか処理しときましょうか?」と声をかけてみる。

お客様、無言。

一度席を離れ、様子をうかがっているとばっと立ち上がりおもむろに店舗入口ドアをバターーン!!!!出て行ったとさ。

私、無言。


飲食従事者の皆様、こんな時どーしてます?
ご意見求ム。


まぁ、そりゃそーと。
平日から来福酒造さんの皆造&金賞受賞祝いの会(二次会は結城酒造さん&池田酒店さんも合流!)や、ご近所の芸術的なパティスリーの歓送迎会、酒屋さんご家族のほっこりしたお席などむしろ私も混ぜてもらいたい(実際混じっちゃったり(笑))ような素敵なお席もあり、Lotusらしい、内容の濃い楽しい一週間でありました! こーゆうご縁、大事にしていきたいなーと思える毎日ってすごく有り難いなーと切に感じております。もちろん業者様だけじゃなくてお客様みんなね。楽しいお席に関われることって、やっぱいーよね飲食業!!

(金)(土)(日)は満員御礼、お断りしちゃった方、ごめんなさい。またのご来店をほんとーに楽しみにしですのでぜひお電話下さいませ(*´▽`*)

今日から今週も開幕!
W杯に負けない熱気をムンムン醸し出していこーと思います(*´▽`*)

では今週またLotusで!アディオス。

蔵元を囲む会「仙禽」

蔵元を囲む会「仙禽」

ごきげんよう。

新緑が眩しくなってきましたね
ビールがおいしくなってきましたね
南国気分が恋しくなってきましたね


でもそんなの関係ねぇオッパッピーな私 


さて。先日6/1は約一年ぶりとなる蔵元を囲む会でした。今回のゲストは栃木県さくら市の「仙禽」。酸で国盗りを狙う若き兄弟が醸す個性的なお酒です。
総勢30名。盛大な会となりました。

Lotusのこれまでの会とはちょっと違い、ステージから一本一本の造りを主に製造担当の弟・真人さんから説明をいただき、さらにワインスクールの講師などの経験もある兄の一樹さんから料理との相性のレクチャーとゆースタイル。
これまでは各テーブルを回ってもらうスタイルだったけど今回のスタイルの方がより一体感があったかも。
参加者の皆様の感想求ム。


そして今回のファンキーポイント!なんと出品酒が26種類(゚Д゚;)

これには百戦錬磨の仙禽ブラザーズも恐れおののいていました( ̄∇ ̄)コンディションにびびっていた様子ですが、何本か面白い熟成をしてるものもあって、会終了後にはブラザーズとの反省会ではそういったものの再試飲をして、明日以降の楽しみにしていこーとゆう話やなんやを深夜まで。

だって。

30名で60ccずつ×26種類=1人当たり1560cc。
9合弱。
飲めないよね。
余るよね。
とゆーわけで今週のLotusは日本一仙禽を飲み比べられるお店となります。23~25BY最新作まで季節商品を含め色々あります。
お勧めは24BYの雄町50。パッションフルーツのようなトロピカル感が味わえます。

さて会はと申しますと。
いつも通り和やかながら鋭い質問をボンボンと投げ込むLotusのお客様ですが本気のタイ料理とのコラボが想像以上だったのかたくさんの賞賛のお声を頂きました。一樹さんは「うかつにも私達が楽しんでしまった…」と漏らすほど。

こうして毎度のことながら蔵元を囲む会は想像を越える盛り上がりを頂いておりますが、まだまだ呑みたいという方や遠方から宿をとってまで参加頂いてる方も終了後には解散して頂いてます。名残惜しいとは思いますが、今後長くイベントを続けていくためにも、その後の反省会や片付けの時間も頂きたく思いますのでどうかご理解をお願いいたします。


次回はそろそろあの蔵にお願いしてみようかと思います。これから打診していくので秋くらいになるかと思いますが、決定しだい店頭にて告知、先行予約を開始して1ヶ月前よりホームページ、Facebook、Twitterにて告知していきますので絶対参加するぜ!って方は店頭を要チェックです。
 

では皆様、よい休日を。
休みは僕らだけでしょうけど。


ひとりごとっ

お年頃。32歳。

はい。私です。

先週はバブル到来か!ってつっこみたくなるくらいのフィーバー(゚Д゚;)。
感謝感謝です。スタッフ不足でご迷惑をおかけするようなこともありましたがそこはLotus。温かいお客様に恵まれ何とか乗り切りました。最近はちょっと忙しいとお客様が応援してくれたりしてちょっと恥ずかしかったりします。でも有り難いです(*´∀`)

そりゃそーと、今日は定休日前で仕入れも少ないのでのんびりTwitterなるものを閲覧してると僕らの業界じゃ知らない人がいないよーな某店主がツイート。「それだけ詳しいところを見ると日本酒が好きなんですね」とお客様に言われたそうな。

その方は日本酒専門店の店主。

僕らの仕事は旨いものを知ってもらうことだったり作ることだったり広げることだったり伝統や産業を残すことだったり衣食住の「食」に関わるもの。それで社会に貢献してお金をもらってる=プロ。プロである以上それに関わるものであれば知っていることが大前提だと思ってお店に立ってます。

お医者さんに「よく知ってますね」とか「勉強熱心ですね」とか言わないべさ。

農家さんや蔵元さんとか造り手も、肉屋さんや酒屋さんの業者さんも、もちろん料理する方も運ぶ人もいつでもどんなときでもベストを尽くして、今できる全力を皿とサービスに表現しているのが店舗です。もし、外食が楽しいものだと思ってくれるなら、他のお店との比較は良いことも悪いこともしないでやって下さいな。その一言がお店の個性を削っていきます。
僕は脳天気のポジティブ人間なので気にもとめませんが苦しんでる方ほんとに多いです。特に某クチコミサイトには(笑)

何を申したいかとまとめると。
お店にはそれぞれの想いがあってそこのプロであるスタッフにもまた想いや表現があるので、このお店にはどんな想いが隠されているんだろうって外観やメニュー、スタッフから読みとっていくのも楽しいよってなとこです。試しに今晩はなじみのお店で料理からお酒から全部お任せしてみたらそーゆうの全部感じられるかも!??

嵐の予報ですが今日も五時から楽しく営業しまーす!

ページ上部へ