ホーム>スタッフブログ>店長ブログ>お取扱い銘柄⑱「十六代九郎右衛門」湯川酒造店
店長ブログ

お取扱い銘柄⑱「十六代九郎右衛門」湯川酒造店

お取扱い銘柄⑱「十六代九郎右衛門」湯川酒造店

かつて芭蕉が詠み、広重が描いた信州木曽街道(木曽路)。その木曽谷の奥深く、薮原宿の片隅に株式会社湯川酒造店という酒蔵があります。創業は慶安3(1650)年、長野県では2番目の老舗酒蔵です。
木曽路を包む木曽谷の約9割は森林地帯であり、その昔は耕作地の狭い木曽地域では米を作る事ができず、米年貢の代わりに木年貢(木の年貢)が課され、領民には木年貢を納めることで米が支給されるとゆー経済循環が江戸時代にまで踏襲され、価値の高い森林資源を流通させてきたそうな。
その木祖村で「伝統とは時代と変化をともにし、つながるものである。」十六代目の現当主・湯川尚子さん・慎一さん夫妻はそう捉え、米の旨味たっぷりのふくよかな味わいと、ピュアで軽快な余韻を感じられる日本酒を基本に、「木曽路」「十六代九郎右衛門」のふたつの銘柄を醸しています。
「日本で最も星に近い酒蔵」としても知られ、酒蔵の立地、標高936㍍は日本一か二の高さ。冬にはマイナス18℃まで気温が下がり、酒造りに最適とは言い切れない凍てつく環境ですが、そこでこそ培われてきた寒さに強い酒造技術により、たくましくも優しさあふれる酒が醸し出されています。杜氏や酒造技術者を外部から招かず、諏訪杜氏の流派で経験を積んだ夫の湯川慎一杜氏が酒造りを総括し、小谷杜氏のもとで学んだ妻である尚子社長が会社経営をしながら麹屋として酒造りに携わり、ふたりの知識や経験、考え方、酒の好み、すべてが年月を経るごとに融合され、「湯川の酒」として個性を持ち、具現化されています。
柔らかく、森を感じさせる香りが特徴の「十六代九郎右衛門」、LOTUSでは果物のサラダからきのこ料理、はたまたそれらをソースとして使った肉料理と幅広い料理に合わせて提供しています。
また、今年度より伝統的な生酛造りで長野県の好適米「金紋錦」を使用したお酒を出したりと、文字通り伝統と現代とを結ぶチャレンジきら目が離せない蔵元です。

2017.7/29には蔵元を囲む会を予定しています。この機会にぜひ木祖村の恵みを味わいにいらしてみてはいかがでしょ(*´д`*)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lotus-yuki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/247

ページ上部へ