ホーム>スタッフブログ>店長ブログ>お取扱い蔵⑫「結ゆい」結城酒造
店長ブログ

お取扱い蔵⑫「結ゆい」結城酒造

お取扱い蔵⑫「結ゆい」結城酒造
お取扱い蔵⑫「結ゆい」結城酒造

本編もシリーズ⑫とゆーことでここで半分。満を持しての結城が生んだスーパースター、「結ゆい」をご紹介。
歴史ある銘柄「富久福」、特約店流通の「結ゆい」の二枚看板を掲げる同蔵は鬼怒川系の中軟水と厳選されたお米を使用する旨口蔵。
「結ゆい」は茨城県が誇る香り系酵母M310を使用し、原料米の個性を立てる華やかなタイプ、「富久福」はフレッシュでおだやかな食中酒と対極にある2つの酒質を提供しています。
この蔵を語るにあたり不可欠なのが社長の昌明さんの奥様でもあり、すべてのお酒の製造を担当する美智子杜氏です。酒造歴は5年そこそこと経験こそ多くはありませんが、持ち前のガッツとセンスでちょっとお酒を知ってる人なら気になっている杜氏として話題になるところにまでのし上がりました。その美智子杜氏を支える昌明さんとの夫婦バランスの面白さも手伝って、今では都内を中心に大ブレイク、コンテストでの大躍進はいわずもがな、専門誌などでも華々しく取り上げられています。

茨城県は水戸藩でもしられるようにとっても保守的な県民性をもっていると云われ、先述のNEXTFIVEのような情報交換が行われるようになったのはここ最近の話。風穴をあけたのはこの結城酒造であり、これからの茨城の日本酒の命運はこの蔵が担ってると云っても過言ではありません。


さて熱くなりすぎました。いつもより長くなってしまいましたが、現在の結城酒造のラインナップはこちらの8種類。

結 びぜんおまち 亀口直汲み
結 びぜんおまち 雫酒27BY
結 純米大吟醸おりがらみ生原酒
結 あかいわさんおまち亀口直汲み
結 やまだにしき亀口直汲み
結 きたしずく亀口直汲み
富久福 五百万石亀口直汲Michiko90 山田錦90 26BY

7月に行われる、結城市最大の日本酒イベント「池田酒店 地酒の会」での講演も決まり、ますます勢いにのる結城酒造から目が離せません。
ないしょですが近い将来、2度目の蔵元を囲む会も予定しております。過去のリリース商品も含めたLotusならではの会とあれば人気殺到が予想されるため、当ブログを最後まで読んでくれた方と店頭のみの先行案内となります。お申し込み、お問い合わせは店頭迄。たくさんのごお待ちしております

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lotus-yuki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/238

ページ上部へ