ホーム>スタッフブログ>スタッフ募集>2015、人材不足とはよ
スタッフ募集

2015、人材不足とはよ

「Lotusでは常時、スタッフを募集しています。」
Lotus店舗にはそんなPOPがあったりいつもブログにも書いたりしてますが、ちょっと誤解があるかもなーとゆーことでつらつらと。

TVやマスコミも口を揃える「慢性的な人材不足」。ここで言う人材不足ってのは単純に人手が足りないってのとはちょっと違う。分かりづらいのでLotusなど飲食店を含むサービス業について書くところから始まってみる。

サービス業ってのは読んで字のごとく「何かを与える仕事」。最近は「サービス」を「無償提供」だと勘違いする方も多いんだけど、自分で考えて自ら動くことが必要とされる仕事なので、世で言うところの「想像力の欠如」したサービスマンを雇ったところでお客様に何かを「与える」ことはおろか、会社に利益を「与える」ことができるはずないわけさ。会社の利益にならない=会社には不要な人間ってのは周知の事実。サービスマンや料理人を含め、サービス業に生きる方ってのはお客様のために動いて利益を出して会社に対価を給与として頂くわけです。サービス業ってのは広いですよ。モノ売りだけじゃなく医療や介護福祉、プロスポーツ、政治家や教師はじめたいがいの公務員も含むからね。そーゆー仕事の方々はすべからく皆「サービスしたことの対価」を雇い主に頂いてるわけです。つまりさ、雇い主に貢献しなければそこにいちゃいけないってこと。そこまで理解して会社のために動く人間がどれくらいいるのでしょう。その数が足りないことが「人材不足」なのです。

さてLotusの話。
Lotusって東南アジア料理をよりカジュアルに食べてもらいたいとか、日本酒を伝えたいとかテーマはあるものの、ざくっと大きな「日本のモノヅクリってのを地方から発信する」テーマ=コンセプトがあります。何かパッとしねーなーなんて声が聞こえてきそうですがThink globally,act locallyってのが僕の人生のテーマなんでね。大きな「地球」や「世界」を考えたら「結城市」のできることは何だろう、「茨城県」のあるべき姿はどんなだろう、「日本の酒業界」の未来は…なんてのを考えて僕の作った1つの船がLotusなわけです。
だからそこにいるスタッフが自分で考えることもできない→操縦もできない、指示なんてできるはずない→目的地には辿り着けないってのは問題外も大外の話。
初めは何もできなくて当たり前、少しずつでいいから成長してしがみつかないと世の中の流れにもお店の成長にもついていけないわけです。特に二十歳そこそこの若い子達はこれからの人生をいくらでも面白くできるわけだからね。成長して欲しいなと思うから「スタッフ常時募集中」なんだわ。
「コマはいりません、人間を求めています」とかもいいな。いずれにせよ、人材に溢れた世の中にしたいもんだよね。そして、地味に変わるLotusの求人POPをお楽しみに。今日もゆるーく営業してますー。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lotus-yuki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/138

ページ上部へ