ホーム>スタッフブログ>2014年6月

2014年6月

ご予約のススメ

さて、シーズン的に絶好調(週末と特定の平日だけね)なロータスです。相変わらずひまーーーな日もあるのに、お客様が来てくれる日とゆーのはなかなかどーして同じ時なわけで。せっかくご来店頂いてもお断りしてしまうことも少なくない昨今、嬉しい悲鳴ではありますが、やはり心苦しいところ。お手数ではございますが一本お電話頂けるとスムーズかと思いまして、ご予約の手引きをさせて頂こうかと思った次第で。


いくつか、パターンがあります。

1.お席のみご予約
最もお気軽、これで外で待たされることはございません。来店時間と人数、お名前だけ教えて下さい。
 
混雑時はお料理に時間かかります。

2.パーティプラン

Lotusには「エスニック」とゆー田舎ではなじみの薄い料理をたくさんの方に知って頂くための人気メニュー13品+飲み放題(2.5h)で¥4000のプランがありまして。
常陸牛やらキノコ鍋やら定番の揚げ物にお魚さんとバリエーション豊かに並ぶお料理とエビス生ビールをはじめ圧巻の飲み放題で初めての方や団体様を中心にとても喜んで頂いてます。


が。


このコース、よい言い方をすればみんな大好きメニューのいいとこどり、裏を返しゃあ大人数対象ってのは好き嫌いやいわゆる「連れてこられた方」を考慮して無難すぎるとゆー顔があり。

まぁね、大人数の会なんかは幹事さんもできるだけ文句を言われたくないでしょうからとゆー理由からこーゆうコースを作ったわけじゃーあるんですが。Lotusはそれが全てだとは思っちゃおりません。

食べて欲しい料理は他にも色々あるんです。
だけどお客様にはそれを待ってる時間も惜しい!そんなときは前菜だけ予算を組むのがおすすめです。

3.予算で用意

「色々食べたいから前菜だけ1人¥1000くらい」「生春巻きを入れて3、4品」など細かく対応します。人数で量も調節するのでより多品目を食べたい方には特にお勧め。絶対食べたい料理が売り切れてしまう場合もあるのでこの時に伝えてもらえれば取り置いておきます。
追加ももちろんOKです(*´∀`)

さらに裏な楽しみ方。

4.雰囲気とか予算とかフィーリングプランかっこ( 暇な日限定)


エスニックの本道である?得体の知れないものとか辛いものとかそーゆうの食べたい方も、沖縄料理中心がいーなーって方も、言うだけはタダですから。言ってみて下さい。

例えば。平日に6人くらいだったら台湾旅行にいった気分でとでも言ってくれればよだれ鶏とかゆで餃子なんかの前菜3~4くらいに、青菜炒め、エビマヨ、黒酢豚、チャーハン、杏仁豆腐なんてのも¥1500くらいでできちゃうわけで。要はロータスマニア向けなおまかせコース。

予約してワガママ言ってみるだけで何だかうきうきしちゃうでしょーに(●´∀`●)


そりゃ同じ予算とは限らないし忙しい日は断りますよ。できることとできないことがありますからそこはご理解下さいな。


コースやおまかせってゆーと何だか誤解されてるようなところがある気がするんだけど。

食べたいものを食べるってのはもちろん幸せ。飲食のプロが選んだ旬のもの、今コレ!なものを食べれるってのはもっと贅沢で幸せなもんす。
この広い世の中には宴会で儲けようとかできるだけ楽しようとかってお店も確かにあって、消費者様方はお任せメニュー=つまんないみたいな方程式お持ちかもしれませんが、この広い世の中そんなに捨てたもんじゃねーんです。プロにとって「お任せ」は最も燃えるキーワード。その日その人に食べてもらいたいもの、呑んでもらいたいものを提供できるとあれば誰も相手に嫌われるであろうものは出しません。プロの目方、これもまた外食の楽しみかなと少なくとも私は考えておりやす。与えられるものをまず受け容れてみるってのもまたいーもんですよ(*´∀`)



まぁなんだか長くなりましたが予約ってめんどくさいなーと思ってる方って多いと思うんです。でもご予約をもらえると満席時に路頭に迷うこともなく、席の用意に待たされることもなく、料理も待つことなく、いいことばかり。「やべー!どこいくよ?」みたいな展開の方が後々面倒なもんで。三方芳しなご予約電話、ぜひ一度お試しを。

夏メニュー!

夏メニュー!
夏メニュー!

お勧めメニューこうしーん!

冷やしトマトは少ししか仕込まないので早い者勝ち!ひと手間かかった料理屋の味。

稲葉くんちの超甘旨とうもろこし入荷でさつまあげにしちゃってます。未来、ドルチェヘブン使用。僕がお客様なら100%注文します。

「茄子」がおいしい季節になりましたねー!
水茄子、くろべえがジューシーでたまらんタイ風炒めの復活です。辛さは多少調節しますが夏なのでヒーヒーいって欲しい。おつまみにはもちろん、ごはんと一緒に食べるのもいーね!
  
フライドポテトが新じゃがさん使用にグレードup。地元産キタアカリ、メークインとベニアズマ、紅はるかとコラボレーション。見た目もコロコロかわいーです。


日本酒、泡盛の夏限定酒も続々入荷。
ブームのせいで8月まで在庫がもつか心配だけど出し惜しみません!
今週の飲み放題は仙禽!料理とセットで2時間半飲み放題¥4000はやりすぎとの声続出の、違いが分かる大人向け飲み放題コースです。

予約は3日前までですが前日でも連絡下さい。用意できるものでできる限りの対応します(*´▽`*)

先週のロータス

先週のロータス

メニューも夏らしくなり、ここんとこは毎日それなりに慌ただしくなってまいりました。

一般に商売は二八(にっぱち)月が閑散期と云われるんだけど、Lotusの8月は忘年会シーズン以上の掻き入れドキ、それに向けて6月、7月と順を追って忙しくなります。

今年も例に漏れず6月の(金)(土)は残席わずかとなりました。Lotusでは飲み放題以外のお客様には時間制限などはしていません。常連様の中には満席と見るや次のお客様のために席を立ってくれる方も少なくないのですが、基本ゆったりのんびりなお店なのでどんなに入れても1日15組ほどになってしまいます。お断りするのは心苦しい次第ですが今飲食されている方を追い出すのもまた、心苦しいのです。

平日は比較的余裕がありますが、(金)(土)(日)にご来店の際は事前の予約もしくは空席確認のお電話を頂けるとわざわざご足労の必要もなくスムーズかなと思います(●´∀`●)


さて先週は波乱の幕開けから。

こんばんわー!といつもの調子でお席にご案内した矢先、テーブルに缶が。おや?と思い「缶、捨てときますよー」と声をおかけすると「入ってるんで」と一蹴されました。
(!??!!?どーゆうことだ!?)
「店内への持ち込みはご遠慮頂いてるので車に置いてきて頂くか鞄にしまって頂くか、じゃなければこちらで預かるか処理しときましょうか?」と声をかけてみる。

お客様、無言。

一度席を離れ、様子をうかがっているとばっと立ち上がりおもむろに店舗入口ドアをバターーン!!!!出て行ったとさ。

私、無言。


飲食従事者の皆様、こんな時どーしてます?
ご意見求ム。


まぁ、そりゃそーと。
平日から来福酒造さんの皆造&金賞受賞祝いの会(二次会は結城酒造さん&池田酒店さんも合流!)や、ご近所の芸術的なパティスリーの歓送迎会、酒屋さんご家族のほっこりしたお席などむしろ私も混ぜてもらいたい(実際混じっちゃったり(笑))ような素敵なお席もあり、Lotusらしい、内容の濃い楽しい一週間でありました! こーゆうご縁、大事にしていきたいなーと思える毎日ってすごく有り難いなーと切に感じております。もちろん業者様だけじゃなくてお客様みんなね。楽しいお席に関われることって、やっぱいーよね飲食業!!

(金)(土)(日)は満員御礼、お断りしちゃった方、ごめんなさい。またのご来店をほんとーに楽しみにしですのでぜひお電話下さいませ(*´▽`*)

今日から今週も開幕!
W杯に負けない熱気をムンムン醸し出していこーと思います(*´▽`*)

では今週またLotusで!アディオス。

蔵元を囲む会「仙禽」

蔵元を囲む会「仙禽」

ごきげんよう。

新緑が眩しくなってきましたね
ビールがおいしくなってきましたね
南国気分が恋しくなってきましたね


でもそんなの関係ねぇオッパッピーな私 


さて。先日6/1は約一年ぶりとなる蔵元を囲む会でした。今回のゲストは栃木県さくら市の「仙禽」。酸で国盗りを狙う若き兄弟が醸す個性的なお酒です。
総勢30名。盛大な会となりました。

Lotusのこれまでの会とはちょっと違い、ステージから一本一本の造りを主に製造担当の弟・真人さんから説明をいただき、さらにワインスクールの講師などの経験もある兄の一樹さんから料理との相性のレクチャーとゆースタイル。
これまでは各テーブルを回ってもらうスタイルだったけど今回のスタイルの方がより一体感があったかも。
参加者の皆様の感想求ム。


そして今回のファンキーポイント!なんと出品酒が26種類(゚Д゚;)

これには百戦錬磨の仙禽ブラザーズも恐れおののいていました( ̄∇ ̄)コンディションにびびっていた様子ですが、何本か面白い熟成をしてるものもあって、会終了後にはブラザーズとの反省会ではそういったものの再試飲をして、明日以降の楽しみにしていこーとゆう話やなんやを深夜まで。

だって。

30名で60ccずつ×26種類=1人当たり1560cc。
9合弱。
飲めないよね。
余るよね。
とゆーわけで今週のLotusは日本一仙禽を飲み比べられるお店となります。23~25BY最新作まで季節商品を含め色々あります。
お勧めは24BYの雄町50。パッションフルーツのようなトロピカル感が味わえます。

さて会はと申しますと。
いつも通り和やかながら鋭い質問をボンボンと投げ込むLotusのお客様ですが本気のタイ料理とのコラボが想像以上だったのかたくさんの賞賛のお声を頂きました。一樹さんは「うかつにも私達が楽しんでしまった…」と漏らすほど。

こうして毎度のことながら蔵元を囲む会は想像を越える盛り上がりを頂いておりますが、まだまだ呑みたいという方や遠方から宿をとってまで参加頂いてる方も終了後には解散して頂いてます。名残惜しいとは思いますが、今後長くイベントを続けていくためにも、その後の反省会や片付けの時間も頂きたく思いますのでどうかご理解をお願いいたします。


次回はそろそろあの蔵にお願いしてみようかと思います。これから打診していくので秋くらいになるかと思いますが、決定しだい店頭にて告知、先行予約を開始して1ヶ月前よりホームページ、Facebook、Twitterにて告知していきますので絶対参加するぜ!って方は店頭を要チェックです。
 

では皆様、よい休日を。
休みは僕らだけでしょうけど。


本日は貸し切り営業となります。

本日は蔵元を囲む会 at Lotus「仙禽」のため、終日貸し切り営業となります。Lotusでは一年に二回程度ですがお酒造りをしている蔵元を招待して、お客様との交流会のような形でお酒を紹介するイベントを行っております。造り手の想いが隠ったお酒、そのエピソード、これから先の話を聞ける機会とあって早々に満員になってしまうので、今回漏れてしまった方ぜひ次回はお早めのご応募宜しくお願い致します。情報は店頭掲示板、ホームページ、Facebookをご覧ください。

お酒の会だけでなく、食材や生産者や職人の魂を少しでもお客様に伝えることがLotusの使命なので、ちょいちょい色んなチャレンジをしてます。ちょっと農業とか興味あるなーなんて方はぜひ、掲示板覗きに来て下さいね。 

なお明日月曜日は通常営業となりますので併せて宜しくお願い致します(●´∀`●)

ページ上部へ