ホーム>スタッフブログ>2012年12月

2012年12月

来福さんにお邪魔してきた件

宮泉銘醸に引き続き11月は御存じ筑西市の来福さんにお邪魔してきました!
福島は思いつきの弾丸ツアーだったために単独での見学でしたが、
今回はスタッフ総出!一からお酒づくりを教えていただきました。

さて、到着すると佐藤杜氏(製造責任者)自らお出迎え。恐縮です。
昨年度も造りの時期にお邪魔した際は蒸したお米を平らにして冷ます作業と搾りを
体験させて頂きましたが、この日は蒸米をひたすら冷ます、タンクに入れる、
種麹を振るなど一通りの作業を見せて頂きました。もちろん、見学中の三時間程度で
そんなに酒造りが進行するわけではなく、色んなお酒を並行して造っているので
いわば三分クッキングの「これが〇分煮たものですねー」的に
別のお酒の作業に移ってく感じで。え?わかりづらい?まぁいいよねw

来福さんはとにかくいろーんなお米や花酵母を使って個性の付き出たお酒を
造るのが得意な酒蔵さんです。花酵母とゆーと華やかさがポーンと出そうなイメージを
持たれがちですが、香りは全体的に控えめ。現在の日本酒は香りが控えめで、
お米の味をしっかり出し、あとギレが良いものが流行かなと思っておりますが、
まさにそんな酒質。都内を中心に人気爆発中なのも頷けます。
(ちなみに社長曰く地元では古い日本酒のイメージが先行してまだまだ発展途上とのこと、
おかげさまでLOTUSではバンバン仕入れられるんだけどねw)

で、見学。来福さんは造りが始まる前にも蔵人皆様でいらしてくれたり、2周年の時にも
お祝いしに来てくれたりと常連のお客様でもあり、懇意にしていただいてるので
今更感はありましたが、自己紹介を全員で行ってからのお酒造り体験。

な、な、な、なんと!種麹まで振らせてもらっちゃいましたwww
雑誌なんかで見ると杜氏が上半身裸でお米に何やらふっている、アレです。
知っての通りLOTUSは僕以外は女性スタッフしかいないし、来福さんには女性蔵人もいるので
服は脱ぎませんでしたが、これは蔵によって色々なようですね(杜氏談)。

一通りの見学を終え、今年搾りをおえた新酒を試飲させてもらうことにw
ここで社長登場。藤村社長は佐藤杜氏に製造を任せるまでは自ら杜氏として
製造を担当していたため、醸造の知識や現場にも精通し、1家族のような
チーム来福をまとめる大親分。ストイックなダイエットにより、見るたびに
どんどん痩せていきます。そんな社長と我々のもとに運ばれてくる、
手のひらサイズのでっかい利き猪口。

通年商品の本醸造“燻吟”、純米吟醸亀の尾、季節商品の純米しぼりたて。

・・・旨い。
仕事休んで此処で飲んだくれたい。
ツマミ持ってくれば良かった・・・

など様々な思いが交錯する中、泣く泣く見学を終えました。

蔵はこれから本格的に造りに追われていきます。
たった5人での小仕込み。とてもじゃないけど今をときめく酒蔵とは思えないほど
アットホームで親切な皆さん。今年も美味しいお酒を期待しちゃいます。

蔵元の皆様へ
昨日はお忙しい中、親切な御対応ありがとうございました。
私はもとより、若い女子スタッフが日本酒という伝統文化に興味を持ってくれる
絶好の機会となりました。これからもどうぞ宜しくお願いします。


来福 純米初しぼり、寫樂 純米初しぼりは入荷済みです!
とにかく一度お試しあれ!!!

来福さんにお邪魔してきた件

宮泉銘醸に引き続き11月は御存じ筑西市の来福さんにお邪魔してきました!
福島は思いつきの弾丸ツアーだったために単独での見学でしたが、
今回はスタッフ総出!一からお酒づくりを教えていただきました。

さて、到着すると佐藤杜氏(製造責任者)自らお出迎え。恐縮です。
昨年度も造りの時期にお邪魔した際は蒸したお米を平らにして冷ます作業と搾りを
体験させて頂きましたが、この日は蒸米をひたすら冷ます、タンクに入れる、
種麹を振るなど一通りの作業を見せて頂きました。もちろん、見学中の三時間程度で
そんなに酒造りが進行するわけではなく、色んなお酒を並行して造っているので
いわば三分クッキングの「これが〇分煮たものですねー」的に
別のお酒の作業に移ってく感じで。え?わかりづらい?まぁいいよねw

来福さんはとにかくいろーんなお米や花酵母を使って個性の付き出たお酒を
造るのが得意な酒蔵さんです。花酵母とゆーと華やかさがポーンと出そうなイメージを
持たれがちですが、香りは全体的に控えめ。現在の日本酒は香りが控えめで、
お米の味をしっかり出し、あとギレが良いものが流行かなと思っておりますが、
まさにそんな酒質。都内を中心に人気爆発中なのも頷けます。
(ちなみに社長曰く地元では古い日本酒のイメージが先行してまだまだ発展途上とのこと、
おかげさまでLOTUSではバンバン仕入れられるんだけどねw)

で、見学。来福さんは造りが始まる前にも蔵人皆様でいらしてくれたり、2周年の時にも
お祝いしに来てくれたりと常連のお客様でもあり、懇意にしていただいてるので
今更感はありましたが、自己紹介を全員で行ってからのお酒造り体験。

な、な、な、なんと!種麹まで振らせてもらっちゃいましたwww
雑誌なんかで見ると杜氏が上半身裸でお米に何やらふっている、アレです。
知っての通りLOTUSは僕以外は女性スタッフしかいないし、来福さんには女性蔵人もいるので
服は脱ぎませんでしたが、これは蔵によって色々なようですね(杜氏談)。

一通りの見学を終え、今年搾りをおえた新酒を試飲させてもらうことにw
ここで社長登場。藤村社長は佐藤杜氏に製造を任せるまでは自ら杜氏として
製造を担当していたため、醸造の知識や現場にも精通し、1家族のような
チーム来福をまとめる大親分。ストイックなダイエットにより、見るたびに
どんどん痩せていきます。そんな社長と我々のもとに運ばれてくる、
手のひらサイズのでっかい利き猪口。

通年商品の本醸造“燻吟”、純米吟醸亀の尾、季節商品の純米しぼりたて。

・・・旨い。
仕事休んで此処で飲んだくれたい。
ツマミ持ってくれば良かった・・・

など様々な思いが交錯する中、泣く泣く見学を終えました。

蔵はこれから本格的に造りに追われていきます。
たった5人での小仕込み。とてもじゃないけど今をときめく酒蔵とは思えないほど
アットホームで親切な皆さん。今年も美味しいお酒を期待しちゃいます。

蔵元の皆様へ
昨日はお忙しい中、親切な御対応ありがとうございました。
私はもとより、若い女子スタッフが日本酒という伝統文化に興味を持ってくれる
絶好の機会となりました。これからもどうぞ宜しくお願いします。


来福 純米初しぼり、寫樂 純米初しぼりは入荷済みです!
とにかく一度お試しあれ!!!

寫樂、行ってきたよー!!

月日が経つのはかくも早いものかと、2012年も残り少なくなってまいりました。
忘年会やクリスマス、年賀状やお歳暮、やることいっぱいな師走。
まさにマスター走る、といった雰囲気ですね。

さて、忙しいといえばお酒づくり。各蔵元ではこの時期、お酒造りの真っただ中。
とゆーわけで、当店でも1,2を争う人気蔵にお邪魔してきました!

会津若松、寫樂を醸す宮泉銘醸様
LOTUSでは季節限定モノを含め、昨年度リリースしたものは全種類取り扱わせて頂きました。

「上立香は穏やかに、
 果実系の香りと米の旨味が

  スッと喉を潤してサッと去ってく。」

旨いんだけどいい意味で旨すぎない。香りも余韻も邪魔しない。
あくまでも食事と共に楽しむのが日本酒の良さだと考える私にぴったり。

さて蔵に伺ってまず、驚いたのね。「蔵、でかっ!」
多分これ読んでくれてる方って酒蔵は大きいものだと思ってると思うんだけど、
LOTUSで扱わせてもらってるお蔵さんって多いとこでも年間10万本(一升瓶換算)
程度の造りなんです。10万本で1年間ってことはですよ。1か月8000本でしょ。
1日250本しか造れないんです。だからテレビで見るような大手メーカーのようなもの
をイメージすると面喰いますよ。びっくりなとこだとマンションの一階が蔵なんてとこもあるし。

で、宮泉さんはとゆーと、白虎隊で有名な鶴ヶ城の近くとゆーこともあり、
観光蔵としての機能も持っているんですね。立派な建物でびっくり。
「寫樂」ラベルにかんして云えば約200石の造りなので、月に1500本。
1日50本しか造ってないってこと。それしか造ってないお蔵さんがこのサイズ。
思わず「もっと造って下さい!
」って言いたくなるw

蔵に着き、頭にタオルを巻いた気合十分な蔵元の宮森社長に御挨拶。
この宮森社長、昭和51年生まれとゆー若手でありながら、すごいオーラ。
そしてイケメン。ヤクルトの青木宣親にちょっと似てます。
しばし談笑していると、5月の囲む会、池田酒店大試飲会でおなじみ、山口武久さん、
通称“山ちゃん”がいらっしゃって見学スタート!!まずは洗米の様子、もろみタンクを
見せていただきました。で、びっくり!蔵人の皆さん超フレンドリー!
まさかここで接客に感動するとはwこの方々が醸すお酒だから旨いんだw

蔵元の皆様へ
忙しい造りの中、隅々まで御案内いただきありがとうございました。
次回は泊まりがけで、ぜひ寫樂を飲み交わしましょう。
その時に恥ずかしくないように、もっともっと飲んでもらえるように頑張ります!


今回の宮泉銘醸様に限らず、蔵元や農家、生産地を訪ねるとそこに必ず素晴らしいヒトが居て
素晴らしい考えのもと、素晴らしいモノを作り、素晴らしいモノが素晴らしいヒトを育ててる。
そんなスパイラルを生み出せる人間にならなきゃなーって思える貴重な体験でした!!

写真とか資料と見たいって方はお気軽に私まで。
お店にもあれこれ貼ってあったりしますよーーってことでまた、お店でお待ちしてます!!

 


 

 

 

 

 

ページ上部へ