ホーム>スタッフブログ>2012年10月

2012年10月

スタッフー!マジ募集!!

あんまマジとか使わないんですけどね。
今日は本気なのでマジです。それだけ本気ってことで。



 

平日はまぁ静かなもんだけど、週末特にね。

というわけで、正社員、アルバイト共に大募集中でございます。

社員 労災あり
        食事支給
    昇給随時(能力給)
    皆勤手当など各種手当あり
    社員研修、旅行一部負担

アルバイト
    昇給随時
    大入り手当あり
    研修、旅行一部負担

ただ募集募集言ったところで誰も働こうと思ってくれないと思いまして、
今回の募集にはすっごい特典をつけることにしました。

特典①社員は月22勤、24勤、26勤から出勤日を選べます。
     独立を見据えてテナント探しをしたい、資金稼ぎにかけもちしている
     そんな方は週休2日も可。とにかく仕事を覚えたい、技術や知識を
     学びたい、しっかり稼ぎたい方なら週1休みと自身の将来を見据えた
     出勤スタイルが選べます。

   
   ③努力次第で新体制の中心を担えます。
     LOTUSでは異業態、多店舗経営を目指しています。
     エスニックや日本酒のみならず、カフェやイタリアン、焼き鳥屋さんでも
     実力がつき次第店長となるあなたの色で勝負していきます。
     独立支援制度も充実しているのでぜひご相談下さい。


毎月ボーナスのチャンスがあり、基本給プラスがのぞめます。
 


 

地方だから低賃金とか遊ぶところがないとか、生まれて時からこうなる宿命
みたいのって別にきまってないんで。もっと面白くて、もっと美味しくて、もっと安全で
もっと安定してた方がいいに決まってるじゃんね。はじめから何かのせい、
誰かのせいにして自分を変える努力をしないことが馬鹿らしい。
他人と過去は変えられないけど自分と未来は変えられる。
綺麗ごとだって笑って今後笑えない人生送ってくのか、
笑いっぱなしで、まぁそりゃ辛い事もあるだろーけど、道を拓くのと。

確かに―!と思ったらLOTUUSに電話下さい。0296-33-1388
あなたの夢や未来を笑う人は誰もいません。一緒に、楽しみましょう。

     

白瀑の会 in LOTUS

秋らしくなってきました。当店自慢の日本酒も秋の装い、ひやおろしが沢山入荷してます。
同じ銘柄でも季節によってこうも違うのかと変化が楽しめるのでは?と思います。

さて先月行われました白瀑の会。たくさんの御来蓮ありがとうございました。
秋田の蔵元ということで、稲庭うどんやいぶりがっこを使いエスニックでありながら
LOTUSらしさ溢れる料理を提供しましたがいかがでしたか?
蔵元である山本さんは料理もなんですがお客様の暖かさや若さに感嘆して
テンションあがりっぱなしだ―って白瀑をあおってました。
次回は結城に泊まるとまで仰っていましたとさ。嬉しいですね。
ゲストがゲストをもてなし、ゲスト同士が楽しんで、WIN-WINの輪ができる。
店舗がそのサポートをしっかりする。まさに理想の会となったように思います。

参考までに今回の料理と出品酒

先付   カプチーノを模した海老のビスク 

前菜 稲庭うどんのイカスミソース、タリオリーニ風
    ピータン、完熟トマト、アボカドのクロスティーニ
    北京ダックをインスパイアした匠味鶏の冷製 

    真鯛の湯霜造とマンゴーのサラダ

焼物 ローズポークのケバブ、イスタンブール風
      
揚物 明太子と燻りがっこのダマコロッケ

主菜 豚肉のパネーン ドラゴンフルーツのジュ、パイナップル炒飯添え

〆  稲庭うどんのバミーナーム

甘味 真っ青な自家製ババヘラアイス
 

白瀑 純米大吟醸 鑑評会出品酒
    特別純米6号
    〃     7号
    ブルーハワイ
    ど 純米にごり
    どsummer 〃
    どpink    〃(桃色)
    ど黒   黒いにごり酒

山本 純米吟醸 あらばしり生原酒
      〃    ドキドキ 生
      〃    雄町
      〃    亀の尾
      〃    sparkling YAMAMOTO

客単価¥3500のLOTUSが¥5000の会費を頂くってことはそれなりのね。
通常オーダーではできないような手間のかかる調理やコストのかかる食材が
楽しめなかったらいくら蔵元に会えるって言ってもねぇ。
蔵元が儲けなしで来てくれる、酒屋さんが無償で手伝ってくれる、
それでうちが儲かるじゃだれも納得しないでしょ。

それで業界が盛り上がったり、酒質の向上、スタッフの成長に繋がれば安いもん。

こーゆうイベントを通すと改めて人の輪の持つエネルギーってすごいなって思う。
僕らはこのエネルギーを糧に更なる進化をしていくんだと思った夜でした。

おしまい。
 

ページ上部へ